> 【2023年版】旅のお供に持って行きたい、単焦点レンズの組み合わせ – 楽しむことから始める写真ライフsimple camera

【2023年版】旅のお供に持って行きたい、単焦点レンズの組み合わせ

一眼レフカメラの魅力の1つがレンズ交換です。
標準ズームレンズ、望遠ズームレンズ、単焦点レンズ、オールドレンズなどいろんなレンズを使って撮影できるのが楽しさの1つだと思います。
ところがこのレンズ交換は面倒でもあったりして、広角から望遠までを1本で使えるズームレンズが便利で使いやすいだろうなと思うこともあります。
特に旅行に行くときは荷物がたくさんあるのでカメラ関係の荷物はできるだけ少なくしたいところです。

ところが私の場合、単焦点レンズの魅力にはまってしまい、持っているレンズは単焦点レンズばかり。

結果、旅行に行くときには単焦点レンズを3本、持って行きます。

広角(24mm)、標準(50mm)、中望遠レンズ(85mm)について以前の記事で紹介しました。
海外旅行にもこの3本を持って出かけます。
荷物は重くなりますが、どれを持って行くのか悩まなくてもいいですし、
写真を撮っているときに「あっー!ここで広角レンズで撮りたかった涙」
と後悔のないようにしたいとの気持ちで一生懸命、荷物を担いで行きます。

 

最近はこの3本の組み合わせが少し変わってきました。
今回は、改めて私が旅行に持って行きたい3本の単焦点レンズを紹介したいと思います。

写真にはどのレンズで撮影したのか載せてしています。
それぞれのレンズの作例としてもご覧いただけると嬉しいです。

【2023年版】旅のお供に、単焦点レンズ最強の組み合わせはこの3本

最近私が旅先に持って行く単焦点レンズの組み合わせは

20mm,35mm,85mmの3本です。

レンズの概要はNikonのウェブサイトへのリンクを貼っていますので安心してご覧ください。

20mm NIKKOR Z20mm f/1.8S
35mm  「NIKKOR Z35mm f/1.8S
85mm 「NIKKOR Z85mm f/1.8S

今回はこの3本を持って、長野県松本市にある上高地へ日帰りで行ってきました。

日帰りで楽しむ初夏の上高地

この春、二拠点生活を経て大阪から長野に移住しました。
上高地までは日帰りで行くことができることになりました。

上高地はマイカー規制があり、沢渡(さわんど)駐車場からバスに乗り換えです。

バス車内の案内に従って、大正池前でバスを降りることにし、歩いて河童橋に向かいました。


Z6Ⅱ×NIKKOR Z35mmf/1.8/S

朝6時30分
大正池
風が穏やかだったので水面に映る北アルプスも見ることができました。


Z6Ⅱ×NIKKOR Z20mmf/1.8/S

ここから河童橋まで歩きます。
大正池~河童橋の間はおよそ3.8km、1時間強(70分)の距離です。
上高地公式ウェブサイトによるとスニーカーでも歩ける区間のようです。

大正池から20分、田代池に到着
ここから見える森に朝日が差し込んでいました。


Z6Ⅱ×NIKKOR Z35mmf/1.8/S ※DXモードで撮影

田代池からは梓川コースと林間コースに分かれます。
川沿いを歩きたかったので今回は梓川コースを歩きました。
川の流れる音と鳥の声が耳に心地よいコースでした。

梓川コースを歩いて20分、穂高橋のほとりに到着


Z6Ⅱ×NIKKOR Z35mmf/1.8/S

ここから河童橋まで残り1.6kmです。


Z6Ⅱ×NIKKOR Z35mmf/1.8/S


Z6Ⅱ×NIKKOR Z20mmf/1.8/S

そして河童橋に到着しました。
結局大正池から2時間ほどかかりました。※ゆっくり写真撮影しながらの散策


Z6Ⅱ×NIKKOR Z20mmf/1.8/S


Z6Ⅱ×NIKKOR Z85mmf/1.8/S
(▲ようやく来ました85mmの出番)


Z6Ⅱ×NIKKOR Z85mmf/1.8/S


Z6Ⅱ×NIKKOR Z20mmf/1.8/S

ここからさらに先にある明神池まで行くことにしました。
片道3km、往復して60分のコースです。
ここからはトレッキングシューズが推奨されています。


Z6Ⅱ×NIKKOR Z35mmf/1.8/S

大正池から明神池を目指して

河童橋からすぐ、清水橋のたもとから清水川をのぞいてみると水草が綺麗でした。


Z6Ⅱ×NIKKOR Z35mmf/1.8/S

大正池から明神池までの間にはところどころに二輪草(にりんそう)の群生地がありました。
今年は開花が早かったそうです。※2023年5月27日撮影


Z6Ⅱ×NIKKOR Z85mmf/1.8/S

そして明神池に到着です。
明神池は穂高神社の奥宮の境内にある池です。
一ノ池と二ノ池があり、二ノ池を奥まで進むと小さな滝もあります。
静かな池の水面、動きのある滝の2つを鑑賞することができます。


Z6Ⅱ×NIKKOR Z20mmf/1.8/S


Z6Ⅱ×NIKKOR Z20mmf/1.8/S


Z6Ⅱ×NIKKOR Z85mmf/1.8/S

こちらが二ノ池
この奥に小さな滝があります。


Z6Ⅱ×NIKKOR Z20mmf/1.8/S


Z6Ⅱ×NIKKOR Z20mmf/1.8/S

明神池を楽しんだ後は河童橋まで戻り、バスターミナルに向かいます。


Z6Ⅱ×NIKKOR Z35mmf/1.8/S

河童橋に到着、バスターミナルからバスで駐車場に戻りました。


Z6Ⅱ×NIKKOR Z35mmf/1.8/S


Z6Ⅱ×NIKKOR Z35mmf/1.8/S

旅のヒント
上高地発のシャトルバスには始発となるバスターミナルから乗るのがおすすめです。
特に週末は満席で途中のバス停で乗車するのは難しいかもしれません。

単焦点レンズ3本を持って、旅の歩き方

今回は初めての上高地
初めての場所ではどうしても広角(20mm)で撮影することが多かったです。
歩くときは35mmを付けて歩きました。
人の視界に一番近いと言われているのが35mm(以前は50mmを使っていました。)であること
持って行った3本のうち最も軽いレンズであること
という2つの理由からです。
撮影したいと思う場所でゆっくり撮影するときには、20mmや85mmにレンズ交換をして撮影しました。
レンズ交換をするときに注意することは1つだけ
「あせらず、ゆっくりと」
ほこりやごみが入ってしまうことも心配ですが、もしも入ったとしても後で掃除すればいいことです。
それよりも焦ってレンズ交換するとレンズを落として壊したり傷を付けてしまう危険があります。
この危険を避けるのが一番大事。
ということでレンズ交換をするときの注意点は「あせらず、ゆっくりと」
これだけでよいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。
このサイトでは写真撮影の楽しさをたくさんの写真と共に紹介しています。
よろしければ他の記事もたくさんありますのでご覧いただければ幸いです。
記事を読んだ感想などもいただけるとさらに嬉しいです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
価格:125,400円(税込、送料無料) (2023/6/14時点)

楽天で購入

 

 

ミニマリスト/日本メンタルヘルス協会公認基礎カウンセラー/ 単焦点レンズ好き/使用カメラNikon Z6Ⅱ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA