単焦点レンズと巡る、古都金沢日帰りの旅

こんにちは。
今回は単焦点レンズ1本を持って巡る、金沢への旅を紹介します。
金沢へは関西からおよそ2時間30分で行くことができて、日帰りでも十分楽しめます。
一眼レフカメラと単焦点レンズ1本、身軽に巡る金沢への旅、スタートです。

旅のお供は単焦点50mmレンズ「Carl Zeiss Makro Planar 50mm F2

今回の旅のお供に選んだのは「Carl Zeiss Makro Planar 50mm F2」
私が思う「最強」単焦点50mmレンズです。


旅行に行くときには後悔がないよう、レンズをたくさん持って行くことが多い私ですが、今回は身軽になりたくなってこの1本だけも持って旅に出ました。

 

日帰りで楽しむ金沢の旅

朝に関西を出て夕方には金沢から帰る、金沢での滞在時間はおよそ5時間ほどのちょっとした弾丸の旅ですが、それでも楽しめる金沢の見どころを紹介します。

兼六園

金沢といえばまずはここ。
金沢駅に到着してからスタバでコーヒーを飲んでからバスで向かいました。
兼六園は国の特別指定名勝に指定された日本庭園で、日本三名園の1つです(岡山の後楽園、水戸の偕楽園、金沢の兼六園)。
庭園に差し込む午前中の太陽の光と見ごろを迎えた紅葉がとても綺麗でした。
思わず出会えた今年いちばんの紅葉でした。

幸兵衛鮨(こうべえずし)

金沢に行って食べたかったのがおいしいお寿司
となると近江町市場に行こうかと考えるところですが、きっと混雑していると思って行ってみたお店がこちら。
そしてこのお店が大正解でした。
お寿司はもちろん美味しいですし、お店の大将がとても気さくな方で、カウンターでお話ししながらたのしく過ごせるお店でした。

幸兵衛寿司(こうべえずし)
金沢市橋場町1-6
076-264-1553

金沢城公園

ランチの後は金沢城公園へ
金沢城には天守閣がありません。1602年に落雷による火災で焼失し、当時、江戸幕府に遠慮して再建されなかったそうです。
そんな歴史があったとは今まで知りませんでした。


(▲石川門。1700年代に再建されたもの。)

金沢21世紀美術館

現代アートを代表する美術館
現代アートでは人は集まらないと言われた常識を覆した美術館です。
この日もたくさんの人で賑わっていました。

単焦点レンズ1本を持っての金沢日帰りの旅

以上が金沢日帰りの旅の様子です。
兼六園で見ごろとなった紅葉を見て、おいしい海の幸を食べ、最後は現代アートにふれる。
さくっと見どころを回って、日帰りでも十分楽しめた1日でした。
今回の旅のお供「Carl Zeiss Makro Planar 50mm F2」はマニュアルフォーカスのレンズなので、ゆっくりとピントを合わせながら撮影しますが焦らずゆっくり巡る旅もまたいいなと思いました。
単焦点1本だけでも写真は十分楽しめる、そして短い時間でも旅は楽しめると思った一日でした。

週末フォトグラファー/ミニマリスト/日本メンタルヘルス協会公認基礎カウンセラー 単焦点レンズ好き/使用カメラはNikonD750、Z6Ⅱ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA