• HOME
  • BLOG
  • 宮島日帰りの旅、信仰の山「弥山」と夕刻の厳島神社の風景

宮島日帰りの旅、信仰の山「弥山」と夕刻の厳島神社の風景

こんにちは。
前回の記事から広島県の宮島まで日帰り旅行に行ってきた様子を紹介しています。
単焦点レンズ3本を持っての旅行です。

 

後編は古くから信仰の対象とされてきた「弥山(みせん)」に登ってきた様子です。
弥山(みせん)は標高535mの山
山頂近くまではロープウェイを乗り継いで行くことができます。
ロープウェイの降り場「獅子岩駅」から山頂までは片道30分です。
登山道も整備されていて麓から登ることもできます。詳しくは「宮島観光協会HP

弥山へは宮島ロープウェーを使えば気軽に登れます

今回は登山はせずにロープウェーを使うことにしました。
厳島神社から宮島ロープウェーの乗り場のある「紅葉谷駅」まで紅葉谷公園の中を歩いておよそ16分
厳島神社から歩いて6分ほどのところに無料の送迎バスのバス停もありますので、途中で送迎バスに乗ってもいいかもしれません。
料金は往復で大人1840円です。
紅葉谷駅から榧谷駅までと榧谷駅から獅子岩駅までと二種類のロープウェーを乗り継いで行きます。

詳しくは「宮島ロープウェーHP


(▲紅葉谷駅から榧谷駅までのロープウェー)


(▲榧谷駅から獅子岩駅までのロープウェー)


(▲ロープウェーからは瀬戸内海に浮かぶ島々を眺めることができます)


(▲榧谷駅と獅子岩駅間のロープウェーは交錯式のロープウェー。真ん中あたりで2台がすれ違います。)

獅子岩駅からの眺めと弥山山頂への道のり

ロープウェーを乗り継いで獅子岩駅に到着
ここからも瀬戸内海を見渡すことができてなかなかの絶景

ここからは獅子岩駅から見える山頂の展望台を目指します。

獅子岩駅から弥山山頂まで

山頂まではおよそ30分の道のり
帰りのロープウェーの時間に注意して歩きはじめるのがよいと思います(下り最終時間は17時30分 ※12月から2月は17時)。

獅子岩駅から弥山山頂までの道のりは整備されていて比較的歩きやすい道のりです。
くれぐれも時間に余裕を持って動くのがいいかと思います。


(▲山頂までの途中に弥山本堂がある一角があります。ここで少し休憩できます。)


(▲弥山本堂)

弥山本堂から再び山頂を目指します。
山道の中にお堂があります。


(▲手前が観音堂、奥が文殊堂)


(▲巨石の間をくぐると山頂はもうすぐ)


(▲山頂展望台に到着)


(▲山頂展望台からの眺め手前の建物がロープウェー獅子岩駅)


(▲山頂には巨石群があります)

山頂展望台で過ごした後はもと来た道を戻ってロープウェーに乗車
ロープウェーからはそろそろ夕景の時間帯の宮島桟橋が見えました。

厳島神社の夕景

帰りの電車までもう少し時間がありましたので午前中に参拝した厳島神社にもう一度参拝しました。
夕景の時間が迫ってきていて、夕方の日に照らされた境内は午前とはまた異なった風景でした。

宮島日帰りの旅を終えて

宮島の日帰りの旅もそろそろ終わり
宮島口駅18時発の電車に乗って関西へ帰ります。
電車、フェリー、そしてロープウェーと色んな乗り物に乗っての移動や午前中から夕方までいろんな風景を見ることができた旅でした。
日帰りでしたが十分楽しめた1日でした。

週末フォトグラファー/ミニマリスト  単焦点レンズ好き/使用カメラはNikonD750

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA