【作例あり】新品で買えるオールドレンズ、1981年発売のニッコール「AI Nikkor 50mm f/1.2S」

こんにちは。
中古レンズを買うようになってから「マップカメラ」をよく利用するようになました。
初めての中古レンズを購入した時の記事はこちらです。

マップカメラを利用したネットでの売り買いがとても便利で使いやすかったので、それ以来使わなくなったカメラやレンズを売ったりしてポイントが溜まりました。
そこでこのポイントを使って新たにレンズを購入しました。
50mmの単焦点レンズ「AI Nikkor 50mm f/1.2S」です。

売りたい商品はマップカメラのワンプライス買取が使いやすい

50mmの単焦点レンズは「AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G」を持っていました。
でも、オートフォーカスのタイミングが自分のタイミングとうまく合わないなということが多く、自分にとってはしっくりとこないレンズでした。。
そこでこのレンズは売却することに。
マップカメラだと「ワンプライス買取」というものがあって、売ろうと思う商品が「ワンプライス買取」の対象商品だと査定なしで定額で売却できます。
売りたい商品を発送するための梱包材や箱もマップカメラから送ってくれて、それを使って梱包後は宅配業者さんが自宅まで引き取りに来てるという、至れり尽くせりのサービスです。
また、売った金額をポイントで受け取ると10%上乗せされるので、今後マップカメラで買い物をする予定がある場合はポイントで受け取る方がお得です。

詳しくはこちら☞マップカメラHP「ワンプライス買取」

新品で手に入れることができるオールドレンズ

「AI Nikkor 50mm f/1.2S」
主なスペックです。詳しいスペックはこちら☞ニコンHP

焦点距離50mm
最短撮影距離0.5m
絞り羽根枚数9枚絞り
最大絞りf/1.2最小絞りf/16
質量約360g

売却した「AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G」が質量約280gでしたので、少し重くなりました。
それからオートフォーカス機能はありませんので、マニュアルフォーカスです。
このレンズは1981年に発売のもの。今も製造され続けているレンズです。
「新品で手に入れることが可能なオールドレンズ」とも言われているようです。

【作例紹介】「AI Nikkor 50mm f/1.2S」でこんな写真が撮れます

早速撮影に出掛けてきました。
どの写真もNikonD750+AI Nikkor 50mm f/1.2Sの組み合わせで撮影しています。

京都府立植物園


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S

下鴨神社


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S

八坂神社界隈


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S


AI Nikkor 50mm f/1.2S

よいところ

作例はすべて加工なしです。
写真全体がどこか懐かしい色合いになる、特に空の青が柔らかい色味で出るのがいいなと思いました。
ボケは「にじむようなボケ」、「ぐちゃっとしたボケになる」というネットでのレビューもありましたが、それほど気にならなかったです。
マニュアルフォーカスですがピントリングの動きも滑らかで使いやすいですし、なにより自分でピントを合わせながら撮影するのが楽しかったです。

いまいちなところ

デメリットといえるかわかりませんが、マニュアルフォーカスなのでスナップ撮影で瞬発力が必要な時には少しピントを外してしまうことがありました。
この辺りは使い慣れて自分の技術を上げるしかないなと思います。。レンズのせいではないですね。

 

ニコン Nikon カメラレンズ AI Nikkor 50mm f/1.2S NIKKOR(ニッコール) ブラック [ニコンF /単焦点レンズ][AI5012]

週末フォトグラファー/ミニマリスト  単焦点レンズ好き/使用カメラはNikonD750

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA