広角好きが単焦点85mmで撮影してみた感想

こんにちは。
先日、購入に関する記事を書いた「85mm単焦点レンズ」
中古で初めてネットで購入しました。

 

早速このレンズを持って京都の八坂神社周辺を散歩してきました。

単焦点85mmレンズを持って京都を散歩してみると

これまでは24mmの単焦点レンズで撮影することがほとんどでした。広角好きでしたので。
それが85mmだとこれまでとは違ってかなり寄り気味の写真になります。
これってとてもよい刺激になって面白い!今はそんな感覚にはまっています。

今回撮影してきた写真を紹介しながら私が思った「85mmレンズの魅力」を紹介したいを思います。

被写体にグッと寄れる

まずは当たり前ですが被写体にかなり寄れること
85mmは「中望遠レンズ」に分類されます。
焦点距離が85~135mm程度のレンズが中望遠レンズと言われています。
24mm単焦点を使っていて「もう少し近寄って撮りたいな」と思ったときは、自分が動いて近寄るか、近寄れない場所の場合はあきらめて他の撮り方をするかという選択肢しかありませんでした。
それがこの中望遠レンズを使うと被写体にグッと近寄った写真も撮れるようになりました。

きれいにボケる、丸ボケがきれい

とてもきれいにボケます。
それからレンズの特性もあるかと思いますが丸ボケがとてもきれいです。
「Nikon Ai AF NIKKOR 85mm F1.8D」というレンズは絞り羽根が9枚
この絞り羽根が開いたり、閉じたりして絞りを調整するというのがレンズのしくみで、ボケの形はこの羽根を絞ったときの形で決まってくるそうです。
例えばその形が五角形だと、丸ボケではなく、五角形のボケになります。
各メーカーはこの絞ったときの形が丸になるように工夫されているそうです。
一般的にはこの羽根の数が多いほど絞ったときの形が丸に近づくと言われています。

圧縮効果で違った表現ができる

これまで使ってきた広角レンズだと奥行き感を出すのに効果がありました。
一方で、望遠系のレンズで撮影すると、奥から手前がキュッと寄った感じに撮れます(「圧縮効果」)。
同じ風景写真やスナップ写真でも、目で見たものとは違った世界が撮れるのではないかと思います。

ポートレート撮影に最適らしい

普段ポートレート撮影はほとんどしませんが、85mmレンズはポートレート撮影に最適だと言われています。
以前お話をうかがうことができたカメラマンの方も85mmを使っているとおっしゃっていました。
モデルさんとの距離感が遠すぎず、近すぎずで撮影しやすいのだそうです。
旅行先や遠出の際に妻から「ここで撮ってー」とよく言われます。
これまでは、納得してもらえる一枚が撮れることがめったになく、何とかしたい。。と思っていました。
次のチャンスにはこのレンズが活躍するんじゃないかと密かに思っています。

風景写真でもいける

風景写真といえば「広角レンズ」と思っていました。
風景が撮りたい=広角レンズと思っていたので、これまで広角ズームレンズを2本(この2本、今ではほとんど使っていません。)と広角単焦点レンズを1本(普段よく使っている24mmの単焦点)を持っています。
でも「この85mmでも風景写真が撮れるんじゃないか?」と正直思いました。
目の前の風景のどの部分を切り撮るのか。
写真を撮影するときの「当たり前のこと」を改めて思い出させてくれるレンズだなぁと思いました。

写真を始めてからこれまで、教室に通ったり、いろんな先生や写真家の方々の話を聴いたりしてきました。
そんな中「写真は引き算」ということばをよく耳にしました。
ファインダーをのぞいて何を切り撮るのか。
「写真は引き算」
このレンズを使いながらよく考えてみたいなぁと思います。

 

この記事の他に単焦点レンズを使ってみた感想を書いています。
併せて参考にしていただけると嬉しいです。

週末フォトグラファー/ミニマリスト  単焦点レンズ好き/使用カメラはNikonD750

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA