広角好きが85mm単焦点レンズで風景写真を撮影してみた感想

こんにちは。
私は広角レンズ好きです。
そんな私が少し違った画角のレンズも試したくなって購入したのが85mmの単焦点レンズでした。
85mmのレンズ、どれほど気に入るのか自分でも自信がなかったので中古にしました。
ところが撮影していく中で85mmという画角をすっかり気に入ってしまい、今は2台目の「AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G」を使っているほどです。

 

85mm単焦点レンズで風景写真を撮影するとどんな写真が撮れるのか

85mmの単焦点レンズを使い始めてからは広角の24mmレンズと中望遠の85mmレンズの2本を持って出掛けることが多くなりました。
私が撮影するのは風景(都市、自然、建物)や街歩きスナップです。
風景を撮影するときは24mmがいいと思っていましたが、85mmで撮影した風景写真の良さにちょっとはまっています。
85mmの単焦点レンズを使い始めておよそ2年
この間撮影してきた写真を紹介させていただきます。

Spring

Summer

Autumn

Winter

 

85mmのレンズを2年間使ってみて

85mmのレンズって風景撮影でも使えるの?
このレンズを購入する際にここが一番重要でした。
85mmの中望遠はポートレート撮影のためのレンズと思い込んでいた私にとっては「本当に自分に必要なレンズなの?」という疑問がなかなか拭えませんでした。
ポートレート撮影にはとっても向いているレンズだと思います。
ところがポートレート撮影のみならず、風景写真を撮ってみると広角にはないよさがあることに使い始めて程なく気が付きました。
同じ景色でも24mmとは全く異なる写真を撮影することができます。

24mmにはない良さ。85mmで撮影した風景写真の特徴

「見せたい部分が明確になる」

広角で撮影すると目の前の景色の雄大さを写真に収めることができます。
一方で85mmだとその風景の中で自分がよいと思った部分にフォーカスすることができます。

「目の前の景色とは異なった世界になる」

望遠レンズ特有の圧縮効果で、肉眼で見ている景色とはちょっと違った、自分が気になった部分が凝縮された世界が撮影できます。
目の前の風景を凝縮した写真が撮れると思います。

広角24mmレンズとの使い分け

85mmで風景を撮影するときのコツは1つだけ
「ちょっと離れた場所から撮影する」
24mmの広角レンズで撮影する場合は被写体との距離はあまり気にしていませんでした。
むしろできるだけ近づいて撮ろうとしていました。
85mmで撮る場合は撮りたい風景から距離を取って撮影するとちょうどよい具合に撮りたい部分が収まった写真になることが多いと思います。
例えば風景を俯瞰できる高台や展望台に登ったり、
それから人気の撮影スポットだと人ごみにまみれずに少し離れた場所から撮影したり、といった具合です。

これからも85mmで撮影した風景写真をこのサイトで紹介していきたいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。

週末フォトグラファー/ミニマリスト  単焦点レンズ好き/使用カメラはNikonD750

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA