• HOME
  • BLOG
  • 写真散歩
  • 広角好きが広角単焦点レンズを持って夏の朝の京都嵐山を散策してきました

広角好きが広角単焦点レンズを持って夏の朝の京都嵐山を散策してきました

こんにちは。

simplecameraにお越しいただきありがとうございます。
このサイトでは写真撮影は難しいことは考えずただ純粋に楽しめばいいをモットーに旅行や散歩で出かけた場所で撮影してきた写真を紹介しています。

広角好きが広角単焦点レンズを持って夏の早朝の京都嵐山を散策してきました

散策するには早朝の時間が断然おすすめの京都嵐山に行ってきました。
この時間帯だと人も少なく、かの有名な竹林もゆっくりとめぐることができます。

まずは渡月橋へ

阪急嵐山駅からまずは渡月橋へ
早朝6時30分、快晴、この日の朝の青は特別青かったです。

渡月橋から嵐峡、展望台へ

嵐山の亀山地区の展望台へ登ります。
徒歩で十分登れる場所

亀山公園から嵐山竹林の小径へ

亀山公園から下って竹林へ向かいます。
嵐山といえばここが最も有名な場所
9月の早朝7時台、人はほとんどいませんでした。

竹林を通り抜けて野宮(ののみや)神社へ

縁結びで有名な野宮神社へ
ここも24時間空いているので早朝から参拝できます。

嵯峨野線を渡って奥嵯峨へ

ここからは特に目的もなく奥嵯峨まで歩いて引き返してきます。

 

小倉池には蓮が咲いていました。
もう少し時期が早ければもっと綺麗だったろうなと思います。
「花の見ごろに出会えない」写真を撮っているとよくあること

そして天龍寺、再び渡月橋へ

嵐山のメインといえば天龍寺
メインだけれどこの日は中には入らずに渡月橋へ戻ります。

広角単焦点レンズで撮るのに適したものとは

広角好きが広角単焦点レンズを持って早朝の嵐山を散策してきました。
広角好きといいながら、最近では85mmや50mmの単焦点で風景写真を撮ることが多くなっていました。
久しぶりに広角レンズでいろいろ撮影してみると建物や建造物を撮るにはぴったりなことがよくわかりました。
渡月橋なんかは余裕で画角に収められるという余裕を感じながら写真散歩を楽しめました。

広角単焦点レンズを持って歩いた記録はこちら

 

週末フォトグラファー/ミニマリスト/日本メンタルヘルス協会公認基礎カウンセラー/ 単焦点レンズ好き/使用カメラはNikonD750、Z6Ⅱ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA