京都しだれ梅の名所、城南宮神苑のしだれ梅がすごい

こんにちは。
3月に入って暖かい日も出てきました。
この季節には梅を見に関西の梅苑に行くことが毎年の恒例行事のようになっています。
今回は数年ぶりに京都市伏見区にある城南宮へ行ってきました。
城南宮はしだれ梅が有名な場所でインスタグラムでもたくさんの写真が紹介されている場所です。

城南宮へは京都駅から「らくなんエクスプレス」が便利

城南宮は近鉄竹田駅が最寄りの駅ですが駅から徒歩で15分とちょっと歩くにいは遠い距離です。
京都駅八条口から「京都らくなんエクスプレス」というバスが出ていますのでこちらの方がおすすめです。
京都駅八条口から城南宮前まで(土曜と休日。平日は油小路城南宮のバス停まで。)バスで行くことができますのでとても便利です。
乗車運賃は大人300円です。交通系ICカードで使えるのはワオンカードのみ。その他は現金で乗車時に支払います。
八条口からは午前9時5分が始発
15分から20分ごとにバスが来ます。
らくなんエクスプレスの時刻表はこちら

しだれ梅は2月下旬から3月上旬が見ごろ

この日は2月26日
平日に有給休暇をとって行ってきました。
しだれ梅は境内にある「神苑」の中にあります。本殿に向かって左手が神苑入り口。
入苑料金は大人600円。
神苑は、「春の山」「夏草の小径」「平安の庭」「桃山の庭」「室町の庭」「城南離宮の庭」に分かれています。
しだれ梅があるのは「春の山」です。
ここには150本のしだれ梅が咲き梅の甘い香りが庭全体に広がっていました。
また、庭全体にはおよそ30種の椿も咲いていてこの時期はしだれ梅と椿が同時に見ることができますよ。

城南宮を訪れるのは今回で2回目でした。
前回はしだれ梅はほとんど蕾の状態でした。開花状況を確認せずに行ったんですね。。
しだれ梅や椿の開花状況は城南宮のHPで確認できますので、きちんと確認してから行くのがよいと思います。

週末フォトグラファー/ミニマリスト  単焦点レンズ好き/使用カメラはNikonD750

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA