• HOME
  • BLOG
  • 写真散歩
  • 自転車がなくても楽しめる?琵琶湖一周サイクリング「ビワイチ」の魅力

自転車がなくても楽しめる?琵琶湖一周サイクリング「ビワイチ」の魅力

こんにちは。
滋賀県といえばまず思い浮かぶのが琵琶湖です。
一周およそ200キロメートルの日本一の湖
この琵琶湖を自転車で一周するというのが「ビワイチ」と呼ばれていてサイクリングを楽しむ方にとっては1つの代表的なサイクリングコースとなっているようです。

自転車を持っていなくてもビワイチを楽しめます。

琵琶湖の風景はどこを撮っても綺麗で写真撮影にもおススメな場所の1つです。
琵琶湖へはレンタカーや電車で訪れることが多いのですが今回は初めて自転車で回ってみることにしました。
ただ「自転車をもっていない!」という大きな問題がありまして。。
ロードバイクやヘルメットなど、なんにも持っていません。
そんなふうに思っていたところに、本屋でふと目に留まったのが、「サイクリングを楽しむ本【関西編】」(京阪神エルマガジン社)

この本では駅で自転車を借り周辺をサイクリングで回って楽しめるコースがたくさん紹介されています。
琵琶湖の一部をレンタサイクルで回るコースもその中で紹介されていて今の自分のやってみたいことにぴったりな一冊でした。

ビワイチならぬ、「ビワ1/5」くらい?

今回行ってきたコースはJR湖西線の近江高島駅でレンタサイクルを借り琵琶湖岸を北上し、マキノ駅で乗り捨てるというおよそ36キロメートルのコースです。
琵琶湖の一周がおよそ200kmなので「ビワイチ」ならぬ「ビワ1/5」くらいでしょうか。
初心者にはちょうどいいかもしれません(笑)

まずは電車で「近江高島駅」まで
レンタサイクル代は700円(4時間借りました)、保証料300円(返却時に戻ってきます)、乗り捨て代300円
費用は以上です。
自転車、ウェア、ヘルメットを揃えるより断然お得です。
レンタサイクルを借りる際には身分証明書が必要ですので注意してください。

近江高島駅をスタート

駅でレンタサイクルを借りて、いよいよスタート!
まずは近江高島駅から「萩の浜水泳場」を目指します。
この日の天気予報は晴れのち曇り
お昼過ぎにマキノ駅に到着しようかなというくらいの大まかなプランでした。
萩の浜水泳場から見た琵琶湖の空

次に地元牧場のプリンを食べようと「STAGEX高島(ステージクスたかしま)」を目指して出発
しかし、この日は定休日
プリンは食べられませんでした。残念。。。

ここには綺麗なトイレがありますので、ちょっとだけ休憩。
「STAGEX高島」はこの風車が目印です。
STAGEX高島を出た後は湖周道路に沿って琵琶湖岸を北上します。
途中、本格的なサイクリングを楽しんでいる方とも沢山すれ違いました。

自転車で走ると心地いい風を感じられてとても気持ちがよかったです。
気になる風景は自転車を停めて撮影しながらのんびりとサイクリングを楽しみました。

ビワイチを体験してみて

琵琶湖岸を自転車でゆっくり巡ると車や電車での移動では見えていなかった風景をたくさん見ることができました。
気になったところではすぐに自転車を止めて撮影ができる。
これは車や電車ではなかなかできないことだと思います。
レンタサイクルを利用することで琵琶湖の新しい楽しみ方を体験することができました。

サイクリングを楽しむために

一方で、注意したいことは次のとおりです。

走行距離は無理しない

レンタサイクルはいわゆる「ママチャリ」です。
今回の距離(およそ36km)を走るのはなかなかきつかったです。
アップダウンはほとんどない道のりでしたがお尻がいたくなりました。
走行距離は20kmくらいにしておくのがちょうどいいかもしれません。

日差しを遮るものはありません

このコースを走ったのは9月下旬
まだまだ日差しがきつかったので日焼けが気になる方は日焼け止めは必須です。

車に注意!!

車道を走る個所もあります。
大型の車も走っていたりするので車には充分注意してください。

週末フォトグラファー/ミニマリスト  単焦点レンズ好き/使用カメラはNikonD750

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA