冬こそ訪れるべき京都のパワースポット、貴船神社

こんにちは。
京都のパワースポットの1つ、貴船神社
夏の川床が有名です。
川の上にお座敷ができて暑い夏でも涼しく過ごしながら食事ができます。
少々お値段が高めなので私は利用したことはありませんが笑。。

そんな貴船ですが、冬は京都市内より寒いので街ではめったに見ることができない雪景色を見ることができます。
冬といえば雪景色!ということで、貴船まで行ってみることにしました。

貴船へは京阪電車「出町柳駅」で鞍馬電鉄に乗り換え
鞍馬電鉄は三両編成のワンマン電車
出町柳からおよそ30分で「貴船口駅」です。
貴船口駅からは京都バスでおよそ5分
「貴船」のバス停に到着です。
※貴船口駅から貴船まで歩くこともできますが、ゆるやかな坂道を上ります。観光の方はバスに乗るのがおすすめです。

貴船神社の雪の景色

この日は1月最後の週末
鳥居や灯篭の朱色と雪の白がマッチしていて、冬の京都もいいもんだぁと改めて思います。

貴船神社を訪れたら奥宮にも行くのを忘れずに

貴船神社の本宮にお参りして、さらに貴船の奥へ
貴船神社には参道に沿って「本宮(ほんぐう)」→「結社(ゆいのやしろ)」→「奥宮(おくのみや)」があります。
舗装された道を歩いて行けますので、貴船を訪れたら奥宮まで行くのがおすすめです。

奥宮に行く前に結社(ゆいのやしろ)に立ち寄りました。

結社は、イワナガヒメノミコト「縁結びの神様」が祀られています。
イワナガヒメノミコトは、古事記によると妹が結婚する際に、お父さんが新郎に姉である「イワナガヒメノミコトも一緒に嫁にもらってくれませんか。」と尋ねたところ、断られたそうです。
イワナガヒメノミコトはこのことを嘆いて、自分はいろんな人の縁を結びたいと考え「縁結びの神様」になったそうです。
自分がうまくいかなかった分、周りの人の縁結びを願う。
「美しい心」とはこういうことをいうんでしょうね。


(▲結社(ゆいのやしろ)のおみくじ。きれいな若草色。)

貴船神社のいちばん奥が奥宮

奥宮の参道を通って神門をくぐると奥宮です。


(▲奥の門をくぐると奥宮)


(▲奥宮で雪遊びをする子ども)

森の中に社があって自然との一体感を感じさせる神秘的な空間でした。
ここがパワースポットといわれる意味を肌で感じられる場所でした。


(▲奥宮の参道)

貴船の冬景色を見てみて

貴船といえば新緑や夏の季節と思っていましたが、今回は雪景色を求めて貴船を訪れてみました。
白と朱のコントラストが印象的でした。
雪に囲まれた奥宮は神聖な空気を感じられる場所でした。


(▲ここをくぐると川べりです。夏には川床の入り口になります。)


(▲夏になるとここに川床が置かれ、お座敷のできあがり。)


(▲山茶花には雪が似合う。と改めて思いました。)

週末フォトグラファー/ミニマリスト  単焦点レンズ好き/使用カメラはNikonD750

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA