祇園祭宵山「先祭」と「後祭」

今年も行ってきました祇園祭
宵山は「山」や「鉾」の提灯に明かりが灯り夏の京都の町を彩ります。
夏の京都、夕涼みの散策にぴったりです。

先祭は華やか、後祭は落ち着いた雰囲気

祇園祭には先祭(7月14日~16日:宵山、7月17日:山鉾巡行)と後祭(7月21日~23日:宵山、24日:山鉾巡行)があります。
それぞれ雰囲気が全く違います。
先祭は賑やかで華やかな雰囲気。屋台もたくさん出ています。
後祭は静かで落ち着いた雰囲気。
それぞれの宵山の雰囲気を写真で紹介します。

先祭はダイナミックな鉾が見どころ

先祭には長刀鉾を始めたくさんの鉾が四条通に出ています。
午後6時には四条通と烏丸通が歩行者天国となって多くの人で賑わいます。

四条通と烏丸通はたくさんの人ですが四条通から一本北か南の通りに入ると比較的静かでゆっくり散策できます。
こちらの記事も併せてどうぞ

 

しっとりと落ち着いた雰囲気の後祭宵山

後祭の宵山は歩行者天国や出店もなく落ち着いた雰囲気です。
山鉾は合計10基ですのでゆっくりと全部見て回れます。
のんびりと夏祭りを味わいたい方にはこちらの方がおすすめです。

週末フォトグラファー/ミニマリスト  単焦点レンズ好き/使用カメラはNikonD750

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA